1ST LEAGUE:2019 [JP]

1ST LEAGUE:2019

世界のトップアスリートが集結するストリートスポーツ最強リーグ戦!

TOPICS

2019.XX.XX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

2019.XX.XX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

2019.XX.XX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

2019.XX.XX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

2019.XX.XX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

STAGE

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019の競技エントリーボタン:Skateboard スケートボード
CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の詳細ページへのリンクに使用する。

Skateboard

2019年7月19日(金) – 7月21日(日)

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019の競技エントリーボタン:BMX-FreestylePark BMXフリースタイルパーク
CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の詳細ページへのリンクに使用する。

BMX Freestyle Park

2019年7月19日(金) – 7月21日(日)

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019の競技エントリーボタン:BMX-Flatland BMXフラットランド
CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の詳細ページへのリンクに使用する。

BMX Flatland

2019年7月19日(金) – 7月21日(日)

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019の競技エントリーボタン:Inline Skate インラインスケート
CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の詳細ページへのリンクに使用する。

Inline Skate

2019年7月19日(金) – 7月21日(日)

and more >

A-SIDE 2019

1ST LEAGUE REPORT

CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の競技の頭出し:Skateboard
CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の競技の頭出し:BMX-Freestyle-Park
CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の競技の頭出し:BMX-Flatland
CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の競技の頭出し:Inline-Skate

Skateboard

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport メイン画像:Skateboard スケートボード
20190719() – 0721()

海外でも活躍している総勢60名の選手がエントリー。各クラスもキッズ達が末恐ろしいスケーティングを見せ会場を沸かせ、世界のどこに出してもエキサイティングする内容となった1ST LEAGUE。

CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の詳細ページへのリンクに使用する。

[ポイントランキング:Skateboard]

OPEN HI Name Age Total Point
01 KEYAKI IKE 1000point

1000

(-位)

(-位)

02 RAIMU SASAKI 900point

900

(-位)

(-位)

03 SENA WATANABE 820point

820

(-位)

(-位)

04 KAIRI NETUKE 770point

770(4位)

(-位)

(-位)

05 YUTO WATANABE 720point

720(5位)

(-位)

(-位)

06 REN SUEMATU 670point

670(6位)

(-位)

(-位)

07 TOA SASAKI 620point

620(7位)

(-位)

(-位)

08 RYOGA MURAKAMI 590point

590(8位)

(-位)

(-位)

09 DAIKI IKEDA 490point

490(9位)

(-位)

(-位)

10 RAIMU ABE 440point

440(10位)

(-位)

(-位)

[Pick Up選手紹介:Skateboard]

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 KEYAKI IKE 画像:Skateboard スケートボード

KEYAKI IKE

レギュラーとスイッチスタンスを最も操れる日本人の一人!コンテストはもちろん、ビデオパートでも世界的スキルを見せつけてくれる日本を代表するスケートボーダー。

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 RAIMU SASAKI 画像:Skateboard スケートボード

RAIMU SASAKI

スイッチフロントサイドのトリックに定評があるダークホース的存在..!!

今後の活躍が楽しみ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 SENA WATANABE 画像:Skateboard スケートボード

SENA WATANABE

テクニカルなレールのトリックからトランジッションのトリックまで幅広いトリックを操るスーパーキッズ!

身体が大きくなったら末おそろしい選手..

XX選手名XX

XXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXX

[ジャッジメント:Skateboard]

米田大輔 ダニエル

1989年9月21日 28歳

 

湘南の鵠沼スケートパークをホームとするBMX PARK/STREETライダー。アメリカやオーストラリアに長期で強化練習を行い、日本人でダニエルにしか出来ない回転系トリックも複数ある。海外コンテストにも挑戦し、コンテスト出場の傍ら、イベントやショー、アーティストの全国ツアーのパフォーマーとして参加したり、テレビドラマやCMなど幅広く活動している。現在では、BMXの指導や大会MC、メディアのBMXアドバイザーなど様々な分野で活動をしている。目標はBMXを日本でメジャーにすること。

 

【主な戦歴】

2018年 JFBF Japan cup 鵠沼 7位

2016年 全日本フリースタイルBMX連盟 東日本大会 エリートクラス 2位

 

【メディア出演】

ラスト♡シンデレラ、未来シアター、ぶらり途中下車の旅

XX名前XX

19XX年XX月XX日 XX歳

 

XXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXX

 

【主な戦歴】

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

【メディア出演】

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

[ハイライト:Skateboard]

世界のどこへ出しても通用する興奮する内容となったOPEN HIクラス。

OPEN HIクラスはライブスコア形式(スコアをLIVEで順位が切り替わる瞬間が見られるシステム)による臨場感溢れるコンテストとなり切磋琢磨するライダー達の得点がライブで出るや否や会場はどよめきが起こり観客達を沸かせ続けた。

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport ハイライト画像:Skateboard スケートボード

見せつけられたKEYAKI IKEのスケーティング

 

見事優勝を勝ち取ったKEYAKI IKEの決勝のライディングは

スイッチスタンスのトリックのオンパレードを披露し、

他との違いを見せつけた。

 

優勝賞金の使い道について問われた彼は「海外遠征の為に使う」と、印象的で夢のある

コメントを初戦に残した。

BMX Freestyle Park

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport メイン画像:BMX-FreestylePark BMXフリースタイルパーク
2019年07月19日(金) – 07月21日(日)

海外でも活躍している総勢43名の選手がエントリー。選手の緊張感が響き渡るパーク内ではレベルの高い国内最高潮と言える戦いが繰り広げられた。どのクラスも1本のライディングで変わる順位に最初から最後まで目の離せない初戦となった。

CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の詳細ページへのリンクに使用する。

[ポイントランキング:BMX Freestyle Park]

OPEN HI Name Age Total Point
01 RIM NAKAMURA 1000point

1000

(-位)

(-位)

02 TOSHIO TAKAGI 900point

900

(-位)

(-位)

03 JOJI MIZOGAKI 820point

820

(-位)

(-位)

04 DAICHI TESHIGAHARA 770point

770(4位)

(-位)

(-位)

05 TAKASE NISHI 720point

720(5位)

(-位)

(-位)

06 LEE JIHO 670point

670(6位)

(-位)

(-位)

07 SEIMEI OKADA 620point

620(7位)

(-位)

(-位)

08 SOO MITSUOKA 590point

590(8位)

(-位)

(-位)

09 HARUHIKO OWA 490point

490(9位)

(-位)

(-位)

10 YUTO HIRAMATSU 440point

440(10位)

(-位)

(-位)

[Pick Up選手紹介:BMX Freestyle Park]

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 RIM NAKAMURA 画像:BMX-FreestylePark BMXフリースタイルパーク

RIM NAKAMURA

現在最も世界一に近い男。

異次元のエアーの高さと高難易度のトリックなのにも関わらず安定感のあるライディングで見事優勝を飾った。

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 TOSHIO TAKAGI 画像:BMX-FreestylePark BMXフリースタイルパーク

TOSHIO TAKAGI

世界の大会を転戦しているだけあり、ベテランならではの適応力と安定感、そして彼ならではの勢いのある攻め姿勢を見せつけた。

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 JOJI MIZOGAKI 画像:BMX-FreestylePark BMXフリースタイルパーク

JOJI MIZOGAKI

大人顔負けのハイエアーや、誰とも被らないオリジナルのルーティン。日本を背負い世界に戦いを挑むネスクトジェネレーション。

XX選手名XX

XXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXX

[ジャッジメント:BMX Freestyle Park]

米田大輔 ダニエル

1989年9月21日 28歳

 

湘南の鵠沼スケートパークをホームとするBMX PARK/STREETライダー。アメリカやオーストラリアに長期で強化練習を行い、日本人でダニエルにしか出来ない回転系トリックも複数ある。海外コンテストにも挑戦し、コンテスト出場の傍ら、イベントやショー、アーティストの全国ツアーのパフォーマーとして参加したり、テレビドラマやCMなど幅広く活動している。現在では、BMXの指導や大会MC、メディアのBMXアドバイザーなど様々な分野で活動をしている。目標はBMXを日本でメジャーにすること。

 

【主な戦歴】

2018年 JFBF Japan cup 鵠沼 7位

2016年 全日本フリースタイルBMX連盟 東日本大会 エリートクラス 2位

 

【メディア出演】

ラスト♡シンデレラ、未来シアター、ぶらり途中下車の旅

XX名前XX

19XX年XX月XX日 XX歳

 

XXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXX

 

【主な戦歴】

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

【メディア出演】

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

[ハイライト:BMX Freestyle Park]

世界でも活躍している国内TOPクラスのライダーが出場し国内最高峰と言える大会の内容となり、見る観客の歓声を沸かせた。

リーグ戦を勝ち抜いて「最終戦への出場権を狙う!」と選手たちは気合いが入った初戦となった。

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport ハイライト画像:BMX-FreestylePark BMXフリースタイルパーク

対応力とスキルの高さを見せつけた中村輪夢

 

フリースタイルパークのコンテストがメインの選手だが、東静岡のストリート設計のパークにも対応し、普段見ることが出来ないグラインドトリックでもスキルの高さを見せつけていた。

 

リーグ毎にパークが変わるA-SIDEならではの環境で必要となる対応力に、今後も注目して頂きたい。

BMX Flatland

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport メイン画像:BMX-Flatland BMXフラットランド
20190719() – 0721()

子ども達のハイスキルなライディングが世界に誇るトップランカー達を熱くさせるというFLATLAND界に激震が走る熱い大会となった。

CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の詳細ページへのリンクに使用する。

[ポイントランキング:BMX Flatland]

OPEN HI Name Age Total Point
01 MOTO SASAKI 1000point

1000

(-位)

(-位)

02 RYO KATAGIRI 900point

900

(-位)

(-位)

03 TAKAHIRO IKEDA 820point

820

(-位)

(-位)

04 TAKUMI ISOGAI 770point

770(4位)

(-位)

(-位)

05 YU KATAGIRI 720point

720(5位)

(-位)

(-位)

06 TSUTOMU KITAYAMA 670point

670(6位)

(-位)

(-位)

07 MASATO ITO 620point

620(7位)

(-位)

(-位)

08 KIO HAYAKAWA 590point

590(8位)

(-位)

(-位)

09 TAKAHIRO ENOKI 490point

490(9位)

(-位)

(-位)

10 TAKAHIRO MORIZAKI 440point

440(10位)

(-位)

(-位)

[Pick Up選手紹介:BMX Flatland]

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 MOTO SASAKI 画像:BMX-Flatland BMXフラットランド

MOTO SASAKI

世界中から注目を集める日本が生んだオリジネーター。

トリック、繋ぎ、全てにおいてオリジナルスタイルで見事優勝。

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 RYO KATAGIRI 画像:BMX-Flatland BMXフラットランド

RYO KATAGIRI

今年1発目の世界戦で見事優勝を飾り、世界から注目される若手NO’1ライダー。

難易度の高いリアトリックの繋ぎを得意とする彼のライディングスタイルは、すでに唯一無二なライディングスタイル。

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 TAKAHIRO IKEDA 画像:BMX-Flatland BMXフラットランド

TAKAHIRO IKEDA

リアのスピントリックにかけては世界1の実力を持ち正確無比なライディングで見事3位を獲得。

XX選手名XX

XXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXX

[ジャッジメント:BMX Flatland]

米田大輔 ダニエル

1989年9月21日 28歳

 

湘南の鵠沼スケートパークをホームとするBMX PARK/STREETライダー。アメリカやオーストラリアに長期で強化練習を行い、日本人でダニエルにしか出来ない回転系トリックも複数ある。海外コンテストにも挑戦し、コンテスト出場の傍ら、イベントやショー、アーティストの全国ツアーのパフォーマーとして参加したり、テレビドラマやCMなど幅広く活動している。現在では、BMXの指導や大会MC、メディアのBMXアドバイザーなど様々な分野で活動をしている。目標はBMXを日本でメジャーにすること。

 

【主な戦歴】

2018年 JFBF Japan cup 鵠沼 7位

2016年 全日本フリースタイルBMX連盟 東日本大会 エリートクラス 2位

 

【メディア出演】

ラスト♡シンデレラ、未来シアター、ぶらり途中下車の旅

XX名前XX

19XX年XX月XX日 XX歳

 

XXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXX

 

【主な戦歴】

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

【メディア出演】

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

[ハイライト:BMX Flatland]

世界ランカーを多く輩出する日本のBMX FLATLANDシーンのトップランカー達が集まったOPEN HIクラス。

決勝のみ1対1のバトルフォーマットと他の競技では珍しい試合の数々は一戦一戦のクオリティーの高い試合の連続。

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport ハイライト画像:BMX-Flatland BMXフラットランド

観客皆、震えあがるライディングをメイク

 

見事優勝を勝ち取った MOTO SASAKIの決勝戦最後のライディングは彼自身コンテストでメイクした事のないトリックを披露し、今競技一番の盛り上がりと会場全体の一体感を生む素晴らしいライディングを披露した。

Inline Skate

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport メイン画像:Inline Skate インラインスケート
20190719() – 0721()

FISEやワールドローラーゲームスなどの国際大会で、優秀な成績を収めているトップスケーターが達が集結した。ベテラン勢に立ち向かう次世代との熱いバトルに心を震わせられた大会となった。

CHIMERA A-SIDEのLEAGUEページの競技の詳細ページへのリンクに使用する。

[ポイントランキング:Inline Skate]

OPEN HI Name Age Total Point
01 SOICHIRO KANASHIMA 1000point

1000

(-位)

(-位)

02 YUTO GOTO 900point

900

(-位)

(-位)

03 REN FUJIWARA 820point

820

(-位)

(-位)

04 NOBORU KATANAYA 770point

770(4位)

(-位)

(-位)

05 AOI IWAI 720point

720(5位)

(-位)

(-位)

06 AYUMU HIRANO 670point

670(6位)

(-位)

(-位)

07 KAZUYA ITO 620point

620(7位)

(-位)

(-位)

08 TAICHI KONDO 590point

590(8位)

(-位)

(-位)

09 MISAKI KATAYAMA 490point

490(9位)

(-位)

(-位)

10 HYU OKAMOTO 440point

440(10位)

(-位)

(-位)

[Pick Up選手紹介:Inline Skate]

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 SOICHIRO KANASHIMA 画像:Inline Skate インラインスケート

SOICHIRO KANASHIMA

世界中から注目される彼のスタイルはオリジナリティが強いライン。そしてスキルの高いグラインドの合わせ技で優勝座は譲らず見事優勝!

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 YUTO GOTO 画像:Inline Skate インラインスケート

YUTO GOTO

国内を代表して世界大会を中心に飛び回る国内トップランクに入る選手。高いAエアーと回転系のグラインドは世界中から注目を浴びている。次戦は優勝となるか?!

ーーーーーーーーーーーーー

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport Pickup選手 REN FUJIWARA 画像:Inline Skate インラインスケート

REN FUJIWARA

業界的には若手のトップリーダー的存在。

スキルレベルは世界で戦えるところまでメキメキと成長中の注目選手。力強いジャンプ系は彼ならではのスタイル。

XX選手名XX

XXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXXXXコメントXXX

[ジャッジメント:Inline Skate]

米田大輔 ダニエル

1989年9月21日 28歳

 

湘南の鵠沼スケートパークをホームとするBMX PARK/STREETライダー。アメリカやオーストラリアに長期で強化練習を行い、日本人でダニエルにしか出来ない回転系トリックも複数ある。海外コンテストにも挑戦し、コンテスト出場の傍ら、イベントやショー、アーティストの全国ツアーのパフォーマーとして参加したり、テレビドラマやCMなど幅広く活動している。現在では、BMXの指導や大会MC、メディアのBMXアドバイザーなど様々な分野で活動をしている。目標はBMXを日本でメジャーにすること。

 

【主な戦歴】

2018年 JFBF Japan cup 鵠沼 7位

2016年 全日本フリースタイルBMX連盟 東日本大会 エリートクラス 2位

 

【メディア出演】

ラスト♡シンデレラ、未来シアター、ぶらり途中下車の旅

XX名前XX

19XX年XX月XX日 XX歳

 

XXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXXXXXXテキストXXXX

 

【主な戦歴】

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

【メディア出演】

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

[ハイライト:Inline Skate]

会場となった室内パークはこれまでに何度かラン形式での大会会場として利用されていたこともあり、世界に誇る最高の技術を見せてくれた。新世代を中心に数多くのスケーターが魅力あるスケーティングを見せてくれたが、やはり大きな注目を集めたのはFISEでの活躍と最近、海外で経験を積み上げているYUTO GOTOと、国内唯一のブーツブランドTHEMのインターナショナルライダーSOICHIRO KANASHIMAの一騎打ちとも言える戦い。

CHIMERA-A-SIDEの1stLEAGUE-2019のReport ハイライト画像:Inline Skate インラインスケート

兄弟のような存在との戦い

 

この二人は、日本での大会では必ずと言っていいほど注目され、兄貴分としてはまだまだ負けられないSOICHIROと、海外経験を積み運動能力の高さに加えスタイルやクリエイティビティがますます磨かれたYUTO GOTOの激突は、1戦目から世界最高峰!

結果として、今回はSOICHIROが優勝を果たし、表彰式では「三戦全てとグランプリの優勝」を公言したが、実際YUTO GOTOとの戦いでどこまで公約実現ができるのか楽しみなところ。

CHIMERA A-SIDEのバナー:A-SIDE ISページリンクバナー
CHIMERA A-SIDEのバナー:ARCHIVEページリンクバナー