A-SIDE IS [JP]

CHIMERA A-SIDE IS

世界規模の大会を行う唯一無二のストリートスポーツ最強リーグ戦!

CHIMERA-A-SIDEのA-SIDE-IS:TOPの画像
CHIMERA A-SIDEのA-SIDE-isのロゴ・縦組み

CHIMERA A-SIDEは、世界で注目されているストリートスポーツの4種目が集結。
国内最強を決める大会を3戦開催。そして4戦目となる“THE FINAL“には
CHIMERAが招待する世界のトップランカーと、国内3戦代表選手との夢のドリームマッチが実現!

CHIMERA A-SIDEのA-SIDE-IS画像:Skateboard スケートボード
CHIMERA A-SIDEのA-SIDE-IS画像:BMX-Flatland BMXフラットランド
CHIMERA A-SIDEのA-SIDE-IS画像:BMX-FreestylePark BMXフリースタイルパーク
CHIMERA A-SIDEのA-SIDE-IS画像:Inline Skate インラインスケート

「CHIMERA A-SIDE」とは、スケートボード、BMXフリースタイルパーク、インラインスケート、BMXフラットランドの4種目で国内戦を3戦、“THE FINAL“の年間計4戦という日本最大規模・国内初となるリーグ戦を開催!

 

2020年 東京オリンピックから正式種目としてスケートボード、BMXフリースタイルパークの「ストリートスポーツ」と呼ばれる新しいスポーツがオリンピック競技に追加された。次のオリンピックではインラインスケート、BMX フラットランドも追加の可能性が高い。

この「ストリートスポーツ」と呼ばれる新スポーツの注目が高まっている中、海外では世界大会の規模が拡大。選手やファンは増え続けており、メディアの注目度も高まってきている。しかし、日本国内で開催されている「ストリートスポーツ」の世界大会は少ないのが現状。日本人選手は世界大会に出場するために海外を転戦する必要があり、結果を残すまでに至る選手はごく一部。そこで、「CHIMERA A-SIDE」を開催。かつて世界のどこでも実施されていない世界中のトップランカー達が参戦するドリームマッチがここに実現する。

 

まずプレイヤーに立ちはだかる最初の難関は、国内3戦でCHIMERA A-SIDE独自のポイントを取得し、国内3戦代表選手に選ばれること。勝ち上がった上位5名だけが、4戦目の“THE FINAL“へ進むことができる。

ワイルドカードとして世界で活躍するトップランカー11名を招待し、計16名でのスペシャルトーナメントが行われる。

 

A-SIDEに挑戦し、勝ち上がった者たちが手にする賞金は、ストリートスポーツの大会史上・最高額の総額6,000万円オーバー。人生を変える一瞬の気も抜けない戦いが2019年遂に幕をあける。

「A-SIDE名前の由来」

由来はカセットテープのおもて面のA-SIDE、うら面のB-SIDEから来ています。

CHIMERA B-SIDEとは、大きいおもて舞台ではなく、スケートパークなどで地域一体型のジュニアやビギナーの方からプロクラスまで、誰でも参加でき、誰でも楽しめる大会です。

賞金よりも大会へ参戦する楽しみや、仲間やストリートシーンを支えている方々と交流する楽しみを大切にしています。

一方で、どれだけ国内の大会で結果を残しても、国外の大会に出場しても、日本での認知度は低く、競技人口が増えてもプロとして生活していけるだけの基盤が存在していないという現状です。

 

そこで、子どもたちや日本のプロの選手たちが目指す場所、ストリートスポーツのプロ選手という職業につける土台がしっかりと組まれた今までにない大会を作ろう。そうした選手たちの声から生まれたのが「CHIMERA A-SIDE」です。

「今後のA-SIDEストーリー」

CHIMERA A-SIDEは、ストリートスポーツの本当の面白さ、かっこよさ、そこにあるドラマをエンターテイメントと融合させ、ルールや競技のことを知らなくても老若男女楽しめる場所です。

情報社会となり情報を目にするだけで、知ったふり、聞いたふり、分かったふりでいることに違和感を感じづらくなっています。

「将来の夢は?」社会人になっても答えられない人が増加しており、物事への興味や関心の幅が狭くなっています。

そこでA-SIDEが、何かの「きっかけ」になってくれたらという願いもあります。

選手の頑張っている姿、喜んでいる姿、悔しがっている姿には皆心を動かされます。

より多くの人にストリートスポーツの魅力に触れていただき、そして一人でも多くの子どもたちが抱く夢の一つになればと思っています。