関西予選【ジュニア部門】ジャッジ総評

KYOHEI

ミュージックプロデューサー

自分達も楽しみ、お客さんも楽しませる。
それぞれのチームが自分達の色を出しながら、丁寧にトライしている様子が感じられました。

大きな舞台にも臆さず、出し切るのは簡単じゃないです。
この経験を存分に活かして、さらに自分のスキル、遠くまで届くパフォーマンス、演出を客観視する力を磨いてもらえたらと思います。

音楽チョイスも全体的に面白かったですし、ハメたり、外したりの妙も、新鮮なシーンが多かった様に思います。

点数に関わらず、たくさんの視点で作品を評価してもらえていると思うので、ぜひ、ひとつのチャンスとして楽しみ尽くしてもらいたいなと思います。

兵頭 祐香

ステージディレクター

短い時間の中で、何かを表現しようとする姿。とてもステキでした。ありがとうございます!!

ただ、「ストーリー」ということを考えると、どのチームも弱い。
それが、構成の問題なのか、表現力不足なのか、演出なのかは、各チームで違いますが、総じて「チーム力」の弱さを感じました。

1人で表現しきれないことが、チームでやればできる。
そのおもしろさや豊かさを、もっともっと信じて、感じて、一緒にいることのあたたかさ、みたいなものを舞台に乗せられるようになってほしいなと思いました。

お疲れ様でした!!楽しみましょう!

KATO

ダンサー

ぶっ飛んだチームがいるかなと期待していました。
みんな充分うまい!でももっと「遊び心」が見たかったです。

全出演チームを見終わった時に感じたのは、テクニックがあるのにそれを使いきれてない。

エンターテインメント×スキル×ストーリー(ESS)

この3つのテーマをもとに、自分達なりの味付けをしていき新たな逸品を創り出すチャレンジです。

何かのコンテストで作った作品を踊るのではなくて、このコンテストのために時間をかける。
肝心なのはスタートかなと思います。
ダンスコンテストにはそれぞれコンセプトがありますよね。
そこに目標を向けて作ってみたら、アイディアや選曲、やりたいことがもっと見えてくると思います。

「Ms.LiNKAs」は空間の使い方にこだわりを感じ、「BOYS4」はやりたいことをやっていて好きでした。

LEE

ダンサー

挑戦された皆様、そして先生方、親御さん、本当にお疲れ様でした。

2分間という限られた分数の中で、CHIMERA A-SIDE DANCEのコンセプトでもあるESSのテーマを、ストリートダンスの中で言葉にすることは、かなり小っ恥ずかしくて言葉にすると難しかったりすると思いますが、作品を作る際に少なからずテーマが実際はあり、言葉として書き出した時にその背景が見えてくるような伝え方でも良いのではないかと感じました。

ある意味武器になり、そこを意識して作り上げていたチームは強く、やはり順位に上がってくると思いますので、是非とも沢山のアイディアを生み出してそこの繋がりを皆が深くイメージし、共有することで一体感や表現が広がりより、良い表現、表情が生まれてくると思います。

本日はありがとうございました。

関西予選【ジュニア部門】RESULT

関西予選 ジュニア部門 -1st-
K saani

関西予選 ジュニア部門 -2nd-
珠里庵

関西予選 ジュニア部門 -3rd-
Bare

-4th-
Ms.LiNKAs
-5th-
BOYS4
-6th-
KZMCREW
-6th-
mi-&tsu-
-8th-
阿修羅
-9th-
Kuru+Shino